口臭,予防,寝る前

口臭のピークは朝起きた直後!正しい予防を寝る前にしよう!

 

 

朝、目覚めた時に口の中がねばねばして気持ち悪いし、自分でも口の臭いがクサいと感じたことがある方もおられるのではありませんか?
口臭は誰でも大なり小なりあるものですが、不快感を感じる口臭は他人でも気になりますが自分は大丈夫なのかと心配になりますよね。

 

起きた時に不快感を自分で感じると「私って口がクサいかも?」と不安になって人と話すのが怖くなっちゃいますよね。
そこで朝起きた時の不快感を予防する方法を解説しますね。

 

 

 

起きてすぐの不快感…。寝る前の正しいブラッシングで予防できる!

 

 

口の中にはもともと何億もの細菌が繁殖しています。唾がクサいのもこの細菌のせいなんですね。
細菌は生物の体内には必ずいるもので完全に排除することは不可能です。

 

菌と言っても悪いものばかりではなく腸内の善玉菌のように生命を維持するために働いてくれているものもあります。
口の中の細菌は食べかすや新陳代謝による舌苔の剥がれ落ちたものを分解してくれる役割があります。
この細菌がたんぱく質を分解すると腐敗臭が発生してしまうという訳です。

 

特に寝ている時は、唾液の分泌が少なくなり細菌が増殖しやすい環境になるので、朝、目覚めると口の中がねばねばして口臭が強くなってしまいます。

 

 

一日の中で起床した時が一番口臭が強く、起きた後にうがいをしたり水分を補給することで細菌の数は減り、口臭も弱くなっていきます。

 

しかし起きてすぐの不快感はテンションは下がりますし、自分でも気持ち悪くて嫌になっちゃいますよね。
この朝の口臭の不快感は寝る前にちょっとしたことを心がければ予防することもできるんですよ。

 

 

次の章では朝の口臭予防になる方法を3つ伝授します。

 

 

 

朝を爽やかに迎えるために!口臭予防に心掛けたい3ヵ条!!

 

 

@寝る前に歯磨き

 

朝の歯磨きよりも寝る前の歯磨きの方が大事です。
寝ている間は細菌が増殖しやすくなりますので、細菌が元気になりにくい環境を作ってあげましょう。

 

食べかすが残らないように丁寧に隅々まで歯磨きをすることが有効です。殺菌や除菌効果のある歯磨き粉を使うとより効果的ですよ。
歯並びの悪い人は特に歯の一本一本を意識しながら磨くようにしましょう。糸ようじや歯間ブラシを使うのもおすすめです。

 

 

A水分補給

 

口の中の水分が少なくなると細菌が増殖しやすくなります。口を開けて寝る人は特に水分が逃げやすくなってしまいます。
予防として寝る前に殺菌効果のあるうがい薬で口の隅々までいきわたるようにうがいをしてから、コップ一杯の水を飲んで寝るようにしましょう。

 

 

B寝る前にアルコールや臭いのきつい食べ物を食べることはNG!

 

アルコール自体が口臭の原因にもなりますが、寝る前に飲むと体内の水分が奪われて口の中が乾燥してしまいます。
乾燥が進むと唾液がなくなり酸素を補給しようと口呼吸になりさらに口の中が乾燥してしまうということになります。

 

もちろん、寝る前に臭いのきつい食べ物、焼き肉やニンニク、ネギやニラなどは控えるようにしましょう。
どうしても付き合いで臭いのきついものも食べなければいけないのなら、寝る前の歯磨きと口臭予防効果のあるサプリメントを飲むというのも一つの方法です。

 

 

 

まとめ

 

 

歯磨きや水分補給でも口臭が改善されない場合は、歯医者に行って虫歯や歯周病がないか調べてもらいましょう。
歯のクリーニングをしてもらって歯石を取り除いてもらうだけでも口臭予防に効果があります。

 

口臭の原因は口の中の細菌がたくさんいるかいないかでかなり変わってきます。
心当たりがある方は自分で気を付ければ改善されます。
正しく歯磨きをしたり水分補給するを忘れないようにすれば、強い口臭が出ないようにするのは可能ですよ。

 

対策を練って気持ち良い朝を迎えられるようにしましょうね。

 

朝起きても口臭が対策に効果絶大!今人気急上昇中のルブレンとは!