口臭,予防,歯磨き,方法

口臭を劇的に予防する驚きの歯磨き方法!

 

口臭の強い人とはあまり話をしたくありませんよね。
同じように自分では気づいていないけど自分の口臭が周りの人に不快感を与えているのではないかと心配になりますよね。

 

ちゃんと歯磨きをしているから自分は大丈夫と思っていても歯磨きの仕方次第では口臭がしてしまう場合もあるんです。
そこで口臭を劇的に予防する歯磨きの方法を解説しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

 

 

今の歯磨きは間違いだらけ!?正しい歯磨きを心掛けるだけでニオイ知らず!!

 

 

口臭を気にしている方は特に念入りに歯磨きをしていることでしょう。
しかしそれでも口臭が取れない方は歯磨きの仕方が間違っているのかもしれません。

 

口臭は口の中の細菌が歯の間に残った食べかすなどをエサにして増殖した時に腐敗臭を発生するのが原因です。虫歯菌や歯周病も臭いの原因になります。
歯磨きは虫歯や歯周病予防と口の中の殺菌が目的ですが、正しく磨かないと結局は汚れが取り切れなくて虫歯になりやすく口臭も強くなってしまいます。

 

 

まずは歯ブラシに歯磨き粉を半分ぐらいにして前歯から奥歯に向けて磨きます。
歯の根元まで歯ブラシを入れて1本1本丁寧に磨きます。
歯ブラシのコマーシャルのように歯の根元と歯茎の間の歯周ポケットにブラシを入れて掻き出すように磨きましょう。

 

ちょっと血がでるかもしれませんがすぐに止まりますので気にせずしっかりと奥まで磨きます。
歯ブラシを細かく動かしてまさに磨くといった感じです。

 

あまり力を入れ過ぎると歯の表面を覆っているエナメル質まで落としてしまいます。
テフロン加工のフライパンの汚れを落とすようなイメージで磨けばよいのではないでしょうか?

 

 

そして歯磨き後は歯間ブラシや糸ようじ、デンタルフロスなどで歯の間の汚れも取りましょう。
電動歯ブラシを使ってもいいかもしれません。

 

また歯磨き粉は口臭用のものも発売されていますので使ってみても良いでしょう。

 

 

 

歯磨きの理想のタイミングは?○○の時に磨くのがベストって知ってた!?

 

 

口臭予防に効果的な歯磨きの回数とタイミングってあるのでしょうか?
歯磨きはたくさんすればよいというものでもありません。理想のタイミングで磨けば効果は絶大です。

 

口臭予防の歯磨きの一番良いのは寝る前です。寝ている間は唾液の分泌も減り口の中の細菌が増えやすいです。
歯磨き粉には殺菌効果もありますので寝ている間に虫歯菌や雑菌が増えるのを防ぐことができます。

 

 

それでも朝になれば口の中がネタネタしていることもありますよね?これは口の中が乾いて雑菌が増えているからです。
寝起きが一番口臭がきついと言われていますので目覚めたらまず歯を磨くようにしましょう。

 

食後に歯を磨く方は多いでしょうが食後すぐは歯のエナメル質が溶けやすい状態ですので、そこで歯磨きをすると歯の表面を傷つけてしまう恐れがあります。
食後は30分ぐらいたってから歯磨きをするのが理想的です。

 

 

一日の歯磨きの回数は3回程度、多くても5回ぐらいにとどめておいた方が良いでしょう。
あまり磨き過ぎて歯の表面が傷つくとそこから雑菌が入り、虫歯や歯周病になってしまいそれが口臭の原因になってしまいます。

 

回数よりも1回の歯磨きで20〜30分ぐらいかけて丁寧に磨く方が理想です。
1本の歯にかける時間は1分が望ましいです。時間がないという方は電動歯ブラシを使えば時間短縮になります。

 

 

 

まとめ

 

 

口臭の原因は内臓の病気やたばこやアルコール、にんにくやニラなどの匂いの強いものを摂取した時にも強くなりますが、口の中のトラブルが一番多い原因です。
虫歯や歯周病、歯磨きでは取れない歯石なども改善するために歯医者に行くことも大切です。
また毎日の歯磨きを丁寧にすることで口臭はかなり軽減できますよ。